クラブ活動体育系

弓道部
部員数
3年生2名、2年生1名、1年生1名 計4名
今までの主な実績
2018年

高体連十勝支部男子個人優勝 全道大会出場出場
国体北海道予選東部地区男子団体の部代表 北海道予選出場

メッセージ
部長からのメッセージ
堀田 果林

帯広の森弓道場で火曜日が休みで毎日楽しく活動しています。
弓道部は、柏葉・緑陽・南商・大谷高校と一緒にやっていて、他校の友達が増えて部活動がもっと楽しくなります。
今は部員が少ないので、たくさんの人に入って欲しいです。

顧問からのメッセージ
寺尾 加奈子

弓道部は昭和60年、初代顧問沓良雄先生が創設され、今年で創部34年になる伝統のあるクラブです。沓良雄先生は教頭、校長職に就かれてからも弓道部に心を寄せてくださり、退職後は帯広弓道協会の会員として、高校生の指導にあたってくださいました。3年前にご逝去され、ご指導を受けることはできなくなりましたが、沓先生にご教授いただいた「礼」の精神と、寄贈いただいた弓具を大切に次代に受け継いでいきたいと思っています。
弓道部は長い歴史の中で、たくさんの輝かしい戦績を残してきました。個人では国体少年男女の部北海道代表、インターハイ個人戦男子出場を果たしてきましたが、平成15年には高体連全道大会男子団体戦で第3位になりインターハイ団体戦出場にあと一歩というところまで進みました。近年では、北北海道大会男子団体戦出場、女子個人戦、男子個人戦、東部地区国体に出場を果たしています。
今年度の部員は4名、三年生引退後は2名と部員不足のため団体戦を組むことも困難な状況ですが、それでも選手たち 一人ひとり志しを高く持って日々練習に励んでいます。現在は帯広の森弓道場で、学校に弓道場を持たない市内校4校、南商業、大谷、緑陽、柏葉の選手たちとともに励まし合い、切磋琢磨して精進しています。帯広の森弓道場では帯広弓道協会の会員の皆さまをはじめ、他校の顧問の先生にもご指導、アドバイスをいただいております。また、合同練習や練習試合の時間も確保して、帯広十勝の弓道のレベルアップを目指しています。

クラブニュース