帯広北高等学校

スクールニュース

2学年 修学旅行3日目

 修学旅行3日目(10月30日)は一同大阪から沖縄へ移動し、平和学習をしました。平和学習としてひめゆりの塔では平和宣言・献花・黙祷を行い、糸数アブチラガマ(壕)では実際に中に入り、ガイドさんの説明の下当時ガマで過ごした人々の生活や状況を体感しました。最後に、石川仁助さんによる戦争講話を聞き、本日の平和学習を終了しました。

 

【本日の行程】大阪⇒伊丹空港⇒那覇空港⇒沖縄平和学習(ひめゆりの塔・糸数アブチラガマ)⇒ホテル(戦争講話)

 

【生徒の旅日記】

「今日は沖縄での平和学習をしました。ひめゆりの塔では現地に行かないと分からないことがあるんだなぁと実感しました。また、ひめゆりの人たちの顔写真が飾られていて、どのように死んだのかとかどのような方だったのかなどを見て素直に衝撃を受けました。次にガマに行きました。当時の様子が残されており、もう少しじっくり見たかったのですが、ガイドさんの説明が分かりやすくとても悲しい気持ちになりました。そして、このことを次世代にも残していかないとだめだなぁと思いました。」(2E 上妻拓矢くん)

 

「今日は大阪から沖縄へ2時間ほどのフライトをして沖縄でまず最初にガマに入りました。ガマの中は、自分が想像していたよりも大きくて広く、足場がとてもゴツゴツしていて何度もころびそうになりました。ひめゆりの塔は、顔写真がたくさんあり、その下に死因などが書いてあり、心が痛くなりました。講話は、生の声がきけてとても衝撃的でした。戦争のことについて触れた1日でした。」(2F 大竹結衣さん)

 

【先生のToday’s Report】

「あっという間に3日目、連日の寝坊のため部屋のピンポンの連打から始まる1日…疲れもだろうが残念…本日いよいよ平和学習、事前学習に十分取り組んだ我々。2B鈴木克哉くんの素晴らしい平和宣言、皆、真剣な表情できいていたことを誇らしく思う。また沖縄での醍醐味であるガマ体験、ガイドさんの迫力ある話し方に感動。B組は1人も欠けることなくガマの体験をしました。修学旅行だからこそ味わえる貴重な経験が子ども達の更なる成長につながることを期待したい。そして石川仁助さんによる戦争講話。高齢にも関わらず私たちに自分の体験を話してくれました。それを一生懸命に耳を傾けている子ども達の姿にホッと胸をなでおろしていました。ガマのガイドさん、石川さんがそろって口にした『ぬちどぅたから』という言葉をしっかりと胸にきざみ、今後も子ども達の成長を見続けていきたい。最後になりますが、修学旅行を通して、日々成長が見られる実行委員。また、意外にも学校生活とは違い!?あたり前のことをあたり前にこなすB組の生徒達に感謝し、3日目を終えたいと思います。明日は私自身も初のマリンアクティビティ!がんばって貝がら制作するぞ!!」(B組担任 白石卓也)

 

【本日のフォトギャラリー】

伊丹空港を出発!

伊丹空港を出発!

沖縄に到着。早速名産を発見。

沖縄に到着。早速名産を発見。

ひめゆりの塔にて平和宣言

ひめゆりの塔にて平和宣言

そして献花

そして献花

最後に全員で黙祷を捧げました。

最後に全員で黙祷を捧げました。

戦争講話の様子

ホテルの大広間にて戦争講話

石川さんに謝辞と花束贈呈

石川さんに謝辞と花束贈呈

皆で楽しく夕食

平和学習をしっかりした後は皆で楽しく夕食をとりました。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ