帯広北高等学校

ボランティア局 活動報告「学校に巨大すごろくを作ろう」

 2月11日(火・祝)に小学生対象のボランティア事業として「学校に巨大すごろくを作ろう」が本校でおこなわれました。この企画は本校の廊下や階段を利用し1レーンにつき150枚の紙で作った「マス」を設置しサイコロを振って遊ぶというもので、この日は近隣に住む小学生と父母の方々約80名とNPO法人「教育支援協会北海道」のスタッフの方数名の方が来校しました。本校のボランティア生徒9人が参加し、小学生が4つのレーンに分かれてダンボールで作られた大きなサイコロを振り「すごろく」を楽しめるようにするためのサポートをスタッフの方と一緒におこないました。イベントマスに止まると「早口言葉」や「あっち向いてホイ」などのゲームがあり、子どもたちからは歓声が上がっていました。

 

サイコロも一緒に手作り。さいの目もみんなで決めました。

サイコロは一緒に作り、さいの目もみんなで決めました。

用意が出来たら出発進行。

用意が出来たら出発進行。

ゴールまでもう少し?

ゴールまでもう少し?

 

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ