帯広北高等学校

2017シーズン結果報告:高校サッカー選手権北海道大会

10月22日、23日に旭川市にて2回戦(一回戦シード)、準々決勝が行われました。

二回戦は小樽北照高校との試合では、吉田(愁)のゴールで先制し、前半を折り返しましたが、後半立ち上がりに同点とされます。難しい展開となりましたが高橋(秀)、籠瀬のゴールで突き放し3-1で勝利。三年生たちの意地のゴールで準々決勝へと駒を進めました。

準々決勝は札幌第一、北海と強豪を打ち破ってきた駒大苫小牧高校が相手に。

10月中旬とは思えない大雪の中での試合となり、得意のドリブルや連携が出せず先制点も許してしまいました。後半に入り、さらに雪が強くなる中、高橋(秀)の2試合連続ゴールで同点とし、PK戦へ。PK戦の末試合に敗れ、3年生の高校サッカーが終わりました。

 

冷たい雪の中の熱い試合を見た後輩たち、次こそ更なる高みへ。

 

IMG_5606

IMG_5608

IMG_5605

 

 

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ