帯広北高等学校

弁論部 全道大会に出場しました

10月4日~6日に標茶高校を会場に行われた高文連全道高等学校弁論大会に弁論部部部長・杉本色津春さんと留学生のダニエル・コルソウスキくんが出場しました。
 十勝大会で優勝した杉本さんは、全道大会の1ヶ月で課題だった表現力を鍛え、「夢を持てない若者が多いのはなぜか」を鋭い視点から論じました。
 また、ダニエルくんは、日本で様々な「まもる」べきことについて、自ら書き上げた日本語原稿を完璧に暗記し、約7分間の弁論をやり遂げました。聴衆からは「日本語が上手でびっくりした」と賛辞の声があがりました。

 

「まもる」ダニエル・コルソウスキくん

「まもる」ダニエル・コルソウスキくん

会場前にて。標茶高校が広くてびっくり!

会場前にて。標茶高校が広くてびっくり!

「夢」杉本色津春さん

「夢」杉本色津春さん

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ